2005年11月28日

春木屋

久々にラーメンネタ。

荻窪と言ったら春木屋、というほど有名店である為、行列が出来ている日がほとんど。
(といってもそんなに長くないので然程待つ必要はないのだが)
しかし今日は珍しく行列がなかったため、久々に食べてみた。

ここの最大の難点は値段が高いこと。中華そば750円はまだしも、ワンタンメン1150円、
チャーシューメン1250円はちょっと高い。大盛りは200円増し。
また店内も狭く、外には待っている人もいる為、のんびりできる雰囲気はない。
黙々とラーメンをすすり、味わい、食べ終わったらなるべく早めに席を立つ。
男がラーメンと対話をする場、といった雰囲気である。


でも美味しいのだ。魚のダシのスープと麺の食感がたまらなく美味い。
以前ワンタンメンも食べたが、ワンタンもなかなか美味しかった。
(結構沢山入ってるので途中で飽きてしまう危険性あり)

今のところ僕の中では、荻窪のラーメン1位の座についている。
ここを打ち破る味を持ったのんびり出来るラーメン屋を発見するのが今後の目標だ。
posted by shin at 00:40| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

手もみラーメン十八番

荻窪はラーメンの街らしい。確かにいたるところにラーメン屋が点在している。

引っ越してきてから様々な店に行ったのだが、どんな味だったのか記憶にない店がほとんど。
それほど美味しくなかったということなのかもしれないけど。

でも何かもったいないのでメモ代わりにブログに書いておくことにします。
確かな味覚など持ち合わせていないので抽象的な表現ばかりになること請け合いです。


一件目は手もみラーメン十八番。深夜までやっているのが嬉しい。
夜中にふとラーメンが食べたくなった時にいける店だ。

八番.jpg

人が並んでる時もあるが、並んで入る頃には店が空いてきたりと始終込んでいるわけではない。
タイミングが重要のようだ。

結構狭い店で、真ん中の調理場に男4人がひしめき合って作っている。
正直ここでは働きたくないなと思う。

ここの目玉は特製十八番。ラーメンに肉や野菜を炒めたものが乗っている。
胡椒とにんにくが効いていて結構刺激的な味だ。食べ終わったあとには相当満腹になる。
ビールと合いそうな味だが残念ながらまだ試していない。

餃子も細長くて大きい。もっちりしていてなかなか美味い。

というわけで全体的になかなかの味なのだが、凄く美味しい!もっと食べた〜い!!という程
ではないと思う。時々ふと思い出して食べに行くのがちょうど良い店といったところだろうか。

posted by shin at 12:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。