2005年09月11日

選挙前夜

今日は手頃なテーブルを探しに、チャリで西荻窪から阿佐ヶ谷までうろうろする。

だが、いいものが見つからず諦めて帰ろうとしていると、阿佐ヶ谷駅前に多数の警察官。
どうやら石原伸晃が最後の演説をしに来るらしい。あと30分程で始まるらしいので、
近くの本屋で時間を潰して聞いてみることにする。

時間になり司会役が進行を始め、都議会議員や様々な会の代表が演説を始める。
だが主役がなかなか到着しない。

少し飽きてきた頃に、司会から「たった今、到着しました!!」との声が。
ざわめきと共に、観衆が何処にいるのかきょろきょろと辺りを見回しだす。


そこに石原伸晃を乗せた選挙カーが「太陽にほえろ」のテーマを流しながら
颯爽と登場!!
車から半身を乗り出して、コブシをぐいぐいと突き上げる石原伸晃!!



僕の文章が稚拙な為どれだけ伝わるか分からないが、
明らかにおかしかったということを付言しておく。
拍手がまばらだった事から察するに、観衆も半数近くがひいた、もしくは苦笑だった
のではないかと推測される。

この後石原都知事も応援に駆けつけたのだが、
同じように登場してくれたら良かったのにと思わずにはいられなかった。


明日が選挙。比例区どうしようかなあ…。




posted by shin at 01:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

新党「日本」

「党名は…日本です!!」「ニッポン!!」

(5人で手を重ね合わせ)「ちーむっ」「にっ、ぽん!!」

センスを微塵も感じさせないパフォーマンス。
脱帽だ。

何となしにスポーツを連想させるパフォーマンスだと思っていたら、

参加議員の1人は、党の名前についてもサッカーの応援の際などに「ニッポン」と
連呼されるイメージを思い浮かべ、「有権者が投票用紙に書くと思った」と話している。


という記事を発見。(しかも何故か犯行動機を語る容疑者調)

確かに「ニッポン!!ニッポン!!」というサッカー応援そのまんまの掛け声まであった。
しかも田中康夫は新党旗揚げ会見で「日本代表」と紹介されている。

さすがに有権者を馬鹿にしすぎではないのかと思うのだがどうなのだろう。

この掛け声をやっている時、途中から調子に乗ってきた田中康夫(恐らく)が
「チャチャチャ」と言い始めたのが非常にウザったかった。
だいたいそれはバレーだ。

posted by shin at 20:09| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

郵政民営化

郵政民営化が僕の中でアツイ。

賛成派の「無駄な公共事業に費やされ、非効率な特殊法人を生み出していた巨額の
郵政資金を民に流そうじゃないか。その甘い汁を吸っていた奴らはぶっ潰そうよ。」
という意見には思わず賛成したくなる。

一方、反対派の「地方の郵便局が存続できる保証がない。地方切り捨てだ。」とか
「民間が郵便物を全国一律の価格で配送するのは不可能」という主張は、
一地方出身者としては納得するものの、反対の根拠としては薄い気がしていた。

が、立花隆がここで言っていることはちょっと面白い。
郵政民営化はアメリカが望んでいることだというのである。
今まで公で管理していた330兆円が、民、すなわち市場に流れ込めば日本経済の根幹
が潰れ、日本の経済力を衰えさせることが出来るというのだ。

なるほどそういう見方もあるのかと思っていると、ちょうど8/12の朝日新聞の朝刊でも
政治評論家の森田実が「郵政民営化は米国の要求。米国ファンドのご馳走になる。」
と訴えていた。


現時点で世論は郵政民営化賛成の声が強いと思うし、僕もそう思っていたのだが、
この意見は結構考えさせられる。

正直まだまだ詳しいことはわからないのだが、こういう何が良くて何が悪いのかが
よくわからないものはもっと分かり易く論じられて欲しいなあと思うのである。
面白いから。

現時点では僕は賛成反対どっちつかずだなあ。

posted by shin at 08:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。