2010年09月27日

大人のためのサッカー教室

PA091196.JPG

たまにはサッカーもしたいな、ということで「大人のためのサッカー教室」に参加。

3,4年前に1度参加したことがあったが、場所が遠い、値段が少し高め、練習はフットサルコートなので、フットサルをするのと大して変わらないということで足が遠のいていた。

ただここは練習に2回参加すれば週末に行われるフルコートの試合に参加できるようになるのだ。久々に広いピッチでボールを蹴ってみたい。

というわけで久しぶりに練習に行ってみたところ、周りは初心者ばかり。4色のビブスを使ってのパス交換や、コーンをドリブルしながら奥の人があげているビブスの色を叫ぶなどの練習を行う。で最後にちょっとだけ試合形式のゲーム。

練習中に「インサイドキック丁寧に蹴れてるね。前にやってたの?」と聞かれる。A.S.Shibuyaで練習したからだろうなと思ったが、そう説明するのはめんどくさかったので

「他のフットサル教室に行ったことがあるので。」と返す。これは嘘ではない。

「それと2年前ぐらいから毎週フットサルをやり始めたんです。」うん、それは嘘だ。

よくよく考えてみるとフットサルをほぼ毎週やるようになってからもう5年ぐらい経っているのだ。しかし何故か気持ちは常に2年目なので、「どのぐらいやっているの?」と聞かれるとつい「2年目ぐらいです。」と答えてしまう。

6年も経つんだからもう少し上手くなっても良い気がするが、僕は大器晩成型なのだろう。

練習終了後はコーチが一人一人評価してくれ、
・ボールと一体になって動けている。 ←これは意外だった。
・膝を柔らかく使えている。 ←これも意外だった。
・インサイドも蹴れている。もう少しボールの中心を意識すればパスの種類を使い分けられる。
・試合をこなせばもっと上手くなると思う。
と昔参加した時と比べて随分褒められる。

周りが初心者ばかりだからだよな、と謙虚な気持ちになる訳も無く有頂天となる俺。その勢いで週末の試合にさっそく参加してきたのだが、これはまた後日。
posted by shin at 01:20| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

祝昇格

あまりにもいい顔なので思わずもらい泣き。
来年は出来るだけ応援に行かねば。
posted by shin at 18:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

FC東京×ヴィッセル神戸

Jリーグの季節がやってきた。となればやはり開幕戦は見に行かねばなるまい。どのカードを見に行くか迷った挙句、近場の味の素スタジアムへ。

020.jpg

開幕戦といえば恒例のスペシャルゲスト。今年はFC東京10周年。歴史を振り返るビデオと音響に否が応でも観客の期待が高まる。そんな中出てきたゲストは

山本高広。

いやいや、味の素スタジアムにきたーとか言われても。


今年のFC東京はMovingFootballがテーマ。やはり選手が走る走る。中盤で一気に複数の選手で囲んでボールを奪い、選手が次々と絡むことで流れるような攻撃を作り出していた。平山のポストプレイも随分と安定感が増していて頼もしい。(何故か観客が笑ってしまうシーンを演出するのは相変わらずだったが)
FKで一度横にパスを流し、相手の足が止まった瞬間に出した裏へパスからのゴールも見事だった。DF陣が裏へのパスに対するディフェンスが危なっかしかったのは気になるが、今年こそ攻撃攻撃攻撃のFC東京が見れるのかもしれない。

と思ったら。

後半に入ると神戸のペース。神戸の後ろの選手がどんどん追い抜いてくる攻撃に四苦八苦。前半から空いていたサイドのスペースも使われるようになり、いつものFC東京に戻ってしまった。カポレが見せた単独のドリブル突破など惜しいシーンもあったものの、結局追いつかれて引き分けで終了。残念。

でも前半のようなサッカーが見られるんだったら見に来た甲斐があるというもの。今年のFC東京は面白いかもしれない。

とにかく言いたいのは日差しがまぶしい午後にビールを飲みながらの観戦は格別だということだ。
posted by shin at 03:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

日本×タイ

今回は埼玉スタジアムへ。

IMG_4898.JPG


寒かった。



(余談)
最近スポニチ『復帰戦を飾れなかった眼鏡の指揮官は悔しさをバネに、既に気持ちを切り替えていた。』と載っていたり、サッカーマガジンの岡田監督へのインタビューの副題が『〜メガネの覚悟〜』だったりするのだが、いつから岡田監督はメガネ呼ばわりされるようになったのだろうか。
posted by shin at 02:16| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

キリンカップ

キリンカップの2戦、日本×チリ、日本×ボスニア・ヘルツェゴビナを国立で観戦してきた。

やはり冬のサッカー観戦は寒い。
ビールも飲めない。

チリ戦のあとに思わずスパッツを買ってしまった。

IMG_4871.JPG

頑張れ、岡田監督。

試合の感想
posted by shin at 02:02| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

Fリーグ

IMG_3861.JPG

実はFリーグ開幕戦に行ってきた。開幕戦は9/23だから2週間前。何で今更そのことを書くのかと言えば、ジュンさんから「書きなさい」と言われたからだ。昔から僕は素直な良い子です。

---------

チケットが余ってるからとジュンさんに誘われやってきたFリーグ。ここ1年ほどほぼ毎週フットサルをやっているが、プロの試合を見るのは初めてだ。

多分大半のお客さんもそうだったのだろう。どう応援したらいいものかわからず、長い間場内が静まりかえることもしばしば。選手の叫び声とフットサルシューズが床を鳴らす音だけが響く。サポーターの応援も、それお前がたった今作っただろうと問い質したくなるような適当な替え歌や、トランペットソロによる孤独なアイーダなど黎明期の匂いが漂っていた。

試合は優勝候補筆頭と目される名古屋オーシャンズに対してデウソン神戸は守備を固めてカウンター狙い。ディフェンスは取りに行ってもかわされるだけなので、プレッシャーをかけつつパスコースを防ぐだけ。守備と攻撃がハッキリしているという点ではバスケと似ている。サッカーと違いロスタイムがないので、「あと30秒!・・・あと10秒!」と時計を見ながら試合終了までハラハラするところも似ている。

個人的に気になった選手は名古屋オーシャンズの森岡薫。フィジカルを生かして強引にドリブルからシュートまで持っていく様は頼もしい。得点王候補の呼び名も高い彼は、日本人のような名前を持ちながら実はペルー人。さすがプロは日常生活でもフェイントを忘れないのだなと一人感心する。

プロのフットサルは華麗な足技のオンパレードで、点がボコボコ入るんだろうなと思っていたが、際どいコースでもキーパーが何とか弾いてしまうため、なかなか点が入らない。結果は1-1で終了。緊迫感があって面白い試合だった。

打って変わって2試合目(開幕戦はチケット1枚で2試合が見れた)のシュライカー大阪×ペスカドーラ町田は3-7という点の取り合い。得点シーンを沢山見れるのはよいのだけれど、ミスもそれなりにあったので面白さは半減。

フットサルは前後半20分ずつなので1試合の観戦はあっという間だった。これに2500円払うのはちょっと高い。試合はそれなりに面白いのだが、人気が出るにはまだまだ時間が掛かりそうだ。まずテレビ(地上波)で観戦できるようになって欲しい。Fリーグ出身のJリーガーとか出てくるまでに発展して欲しいものだ。
posted by shin at 00:24| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

ラテン気質

IMG_3792.JPG

最近ひどく忙しい。僕の中ではアジアカップが未だに開催中だし、ようやく日本代表はオーストラリア戦の延長に入ったところだ。

そんな中でも週1のフットサルは欠かさないでいたが、神様はそんな僕の努力を全く汲み取ってくれない。買って半年もしないフットサルシューズがつまさきからぱっくり割れてしまった。さすがケルメのシューズ。スペイン人のラテン気質が靴に表れてしまったのだ。粘り気が無いのだ。

と、トシロウのような文章を書いてもしょうがない。
本気で接着剤でくっつけてやろうかと考えたが、諦めた。そのまましばらく使い続けていたが、こけそうになって危ない。仕方ない、買いなおそう。

というわけで今度選んだのは質実剛健、靴が割れそうになってもゲルマン魂が何とかするであろう、ドイツ生まれはプーマのレセルバTT。

いかにもプーマっぽいフツーのデザイン。でも僕はこういうのがムチャクチャ好きなのだ。最近こういうフツーのデザインのフットサルシューズが中々無い。

珍しく履いた初日からフィット。今度こそ長く付き合っていこうと思います。
ダンケ。
posted by shin at 02:30| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

U-20ワールドカップ 日本×チェコ

IMG_3380.JPG

スポーツナビのテキスト中継を見ながら仕事をしていたので結果は知っている。負けたと分かっている試合を見るのは辛い。
それでも彼らの試合を見ないわけには行かなかった。

仲の良さが伝わってくるやんちゃなU-20日本代表。国歌をしっかりと歌う声にも彼らの特徴がよく表れていたと思う。
みんなで行うゴールパフォーマンスは相手にとってはムカつくものだったろう。でもサッカーマガジンの見開き一杯に載っていた写真には、パフォーマンスをする選手たちはもちろん、他国のカメラマン、ボールガールも皆一様に笑う姿が写っていた。見るものを幸せにする良い光景だった。
プレイではワンタッチパスを合図に始まるリズム良い波状攻撃。こんなにU-20代表に魅了されたことは無かった。

今回の対戦相手であるチェコは決勝トーナメントから気合を入れて全員坊主。こういう精神論は日本独自のものかと思っていたが。

2-0とリードしながらPKで2失点した時間帯は、GKへのバックパスが多く日本のリズムが影を潜めていた。やはり勝利を意識したのだろうか。

次にスペインと戦う姿が見たかった。彼らの試合をもっと見たかった。ただただ残念。

それでも彼らがもっと成長して日本サッカー界を盛り上げるのが楽しみだ。これからも彼らの活躍に期待したい。
posted by shin at 03:29| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

U-20ワールドカップ 日本×スコットランド



あー、ブートキャンプだったのか。
posted by shin at 02:24| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

監督

.

今日の気になった記事。

地元オランダが決勝進出 劇的同点弾から最長PK戦を制す=U−21欧州選手権

U-21欧州選手権の準決勝、オランダ対イングランド。
白熱した試合はPK戦までもつれこみ、監督の心理作戦のかいもあって地元オランダが勝利をおさめた。

そんな内容の記事なのだが、読んだ人の大多数の関心はさらりと書かれたこの部分に向けられるのではないだろうか。


 一方勝ったオランダのデ・ハーン監督は、
「特筆すべき試合。ぷぅぅぅ」
 とまずは言葉が見つからず、擬音が出た。



・・・擬音?
posted by shin at 01:19| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

買い替え

IMG_3311.JPG

フットサルシューズがつま先からぱっくりと割れ、余命幾ばくかという状態になってしまった。
結構気にいっていたのでがっくり。買い換えなければ。

でも買い替えという行為は大抵の場合、「買い換えなくちゃいけないのか。気に入っていたのに・・・。」という悲しさと、「買い換えちゃっていいんですか!」という喜びが混ざり合う儀式である。
というわけでやはり新しい商品を探すのは楽しい。
嬉々としてサッカーショップやら、ネットを検索してフットサルシューズを探す。

「アディダス」「ナイキ」「プーマ」等のメジャーどころに飽きてきたので、今回はちょっとマイナーなところから選ぶことにした。
といってもあまりにもマイナーなものでは品質が保障されない。
というわけで僕が選んだのは「ケルメ」。
スペインで有名なブランドというところがポイントだ。
マークが肉球なのは何だかニャーとは思うが気にしない。

no-title

スポーツショップに行って試し履きをするだけしてそこでは買わずにネットで注文。
7000円の商品がネットだと3000円なんですよ、奥さん。

いつものワンデーレッスンに行く直前に届いたので、早速持っていって履いてみたがまだ慣れない。
前の靴も履けないわけではないので、来週の大会でどちらを履くか迷うところだ。
この迷うのがまた楽しいんだよね。
posted by shin at 01:10| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

うつむくなよ、ふりむくなよ

年をとったのか、高校サッカーを涙無しに見ることができない。
『亡き父に捧げるゴール』とかを見ると、これはTVメディアが安易に誇張したお涙頂戴のドラマなんだ!と自分に言い聞かせてみてもやはり泣けてきます。

試合後のロッカールーム。
選手みんなが泣いている場面で、本気で泣いている選手と「周りが泣いているから、俺も泣いとかないとまずいかな・・・」的に泣いている選手がいるのが好きです。
最後の監督の話にみんな号泣してるけど、大して良い事を言ってるとも思えず「ホントはみんな気を使って泣いてるんじゃないの?」と思わせる場面も好きです。

そんな高校サッカーの決勝を見てこよう、そして思い切り泣くんだ!
と一人で国立競技場に行ってきました。

IMG_3253.JPG

実際行ったら泣けないんだろうなと思っていたけど、もう入場シーンでウルウル。
隣の人に変人と思われてしまうのでぐっと耐える。
このスタジアムの温かい雰囲気がたまらない。ブーイングなんて一つも聞こえやしない。
300人ぐらいの応援団が、数万人の浦和サポーターと同じぐらいスタジアムに響き渡る声で応援する様子も心を揺さぶります。

吹奏楽部の応援もほぼ野球と同じ応援でサッカーにはあまり合わないんだけれど、それはそれでとても良い。
興奮してきて無駄に1オクターブ上げてしまうトランペッターの気持ち、分かります。


個人能力としては作陽が上だったと思う。
FWのDF3人ぐらいをかわしてゴールに結びつけたシュートは圧巻だったし、10番のテクニックは見てて面白かった。
でも東北人として盛岡商をちょっと応援していたので、逆転劇に大興奮。
盛岡商寄りにいたスタジアムのお客さん(ほとんどファミリー層か、中高生)がみんなで万歳をしているのが印象的でした。


ちなみにずっとあの歌は「うつむくなよ、うつむくなよ」だと思っていた。
「うつむくなよ、振り向くなよ」とワンフレーズで二つも規制されたら戸惑ったりしないだろうか。
しないですか。
posted by shin at 19:34| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

空振りフェイント

クラブワールドカップでベレッチを見て、彼の空振りフェイントを思い出した。
どっかに動画が無いかなあと探してたら、あったあった。(2:18ぐらいからのシーン)



結局決まんないんだけれど、見ていた時はかなり衝撃的だった。
いつか使おうと企んでいます。
posted by shin at 00:15| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

クラブワールドカップ

会社からタダでチケットを貰い、アルアハリ×インテルナシオナルの試合を見に行ってきました。

クラブワールドカップ 001.jpg

渋いカードにしては観客が意外と多い。
小中学生を多く見かけたので、多分タダ券が大量にばら撒かれたのだと思う。今回失敗したら、再来年以降日本でやる保証が無いもんね。
これが結構面白かったので、その勢いでバルサ×クラブアメリカまで見に行ってしまった。(こっちは自腹)

東神奈川駅でどの電車に乗り換えればいいのか分からなかった外国人に話しかけられた。これで1つスペインでの借りは返したぞ。よしよし。
しかし日本の電車は分かりづらいよなあ。アナウンスも日本語ばっかだし。

前半で2点差がついてしまったので、バルサが手を抜いてしまうのではないかと心配したのだけれども、その分ロナウジーニョが遊びに走ってくれたので面白かった。
最後のループシュートなんてホントたまんなかった。途中から気温がぐっと下がって寒かったけれども、帰りのみんなの顔は一様に笑顔でした。

クラブワールドカップ 002.jpg

こういう普段サッカーを見ない人でも楽しく見れる試合が日本で開催されることによって、日本のサッカー好き人口がもっともっと増えていってほしいなあと思う。

MUNDO.jpg

・・・それにしてもこれは酷い。スペインのスポーツ紙のTOP記事なんだけれども、日本語が書いてあるのがわかるだろうか?(写真をクリックすれば大きい画像が見れます)

ヒント:「クラブ以上の存在」
posted by shin at 03:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

担架

U-21 中国×日本の試合を後半から見た。
すると中国の選手が担架で運ばれる場面でハプニングが。
外に早く運ぼうと必死だったのか、あろうことか選手を担架から
落っことしてしまったのだ。

「ほらー、お前が急ぐからだよー」とでも言いたげに見つめあう係員4人。
転げ落ちたのにあまり気遣われない選手。(まあ怪我をしてたわけではなかったようだし)
申し訳ないが面白かった。
リプレイを流すTV局も素敵だ。
いやー、貴重な場面を見れた。


一方、高校野球。日大山形が13年ぶり初戦突破!めでたい。
しかし2回戦が仙台育英。もう東北勢で潰し合いとは。
高野連の陰謀ではないだろうか。

余談:『東北勢で潰し合い』の部分が始め『粒試合』と変換されて
軽くヘコんだ。
posted by shin at 00:49| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

浦和×バイエルン

17時半、脱兎のごとく会社を抜け出し埼玉スタジアムへ。

本当は前座のOB戦も見たかったんだけど、それを見るには
午前4時に出社しなければならないので諦める。
杉山隆一、ルンメニゲ…。見たかったなあ…。

予想通り席は結構空いていた。
とりあえずビールを飲みながら悠々と座る。

さてバイエルン。
ファン・ブイテンの高さ、ポドルスキのボールに絡む動き、
マカーイの角度のないところからのボレー…。もう満腹。

一方の浦和は、

1.サイドチェンジ → 岡野トラップミス
2.サイドチェンジ → やっぱり岡野トラップミス

うーん、楽しませてくれる。
小野のドリブルからのシュート(結果は惜しくもポスト)もあったが、
岡野のプレーの前には霞んでしまう。

浦和×バイエルン.JPG

そんな中、後ろの少年がどうにも騒がしい。
彼によればサッカーは全て「キープ」で説明できるらしい。
それゆえ彼が叫ぶ言葉はどんな場面でも
「キープ!」もしくは「キープ力!」であり、ボールを奪われれば
「キープ…」とつぶやく。
そして次の瞬間には「浦和もバイエルンもキープ力が足りない」と憤る。
将来が楽しみな子だ。


試合は岡野のドリブル突破からのクロスを黒部がヘディングで決めて
勝負あり。何故かこみ上げてくる笑い。
最後で活躍しちゃうんだよなあ。素敵だ、岡野。
posted by shin at 00:28| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

日本×ブラジル

途中から
「日本人だからといってメガネのサポーターばかり映しやがって!!」
と怒りの矛先を変な方向に向けてしまった。

惜しむべくは1点を取った後、中盤のプレスが無くなり
ディフェンスが引いてしまったこと。
ただあのプレスをずっと続けることは体力的に無理だったろうとは思う。

全試合を通して日本の持ち味を出し切ったとはいえないと思うが、
世界との確実な差があったのもまた事実。

こういうのを繰り返してこそ日本は強豪への道を歩むのだろう。
この悔しさを未来へと繋げていって欲しい。
posted by shin at 06:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

日本×クロアチア

正確な言葉は忘れたけど、試合後のインタビューでアナウンサーが言った

「次は決勝トーナメント行きを賭けてブラジル戦。相手としては申し分ありませんね。」

という言葉が好きだ。

W杯という舞台で優勝候補ブラジル相手に決勝トーナメントを賭けて
戦えるなんて何て素晴らしいことか。是非とも頑張って欲しい。
posted by shin at 12:34| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

日本×オーストラリア

試合が終わりしばらくすると、上の住人の大きな歌声が聞こえてきた。

試合中も相当ドタバタしていたし、きっと彼も悔しくて仕方ないんだろうな
と耳を澄ませてみると、彼が歌っていたのは

『愛されるよ〜り〜も〜愛したいま〜じ〜で〜』

だった。

意表をつくそのチョイスに何だか救われました。ありがとう、上の住人。

posted by shin at 01:13| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

日本×スコットランド

会社に来た招待券を貰うことができたので、埼玉スタジアムへ
日本代表戦を見に行く。

日本×スットコランド.jpg

スコットランドという文字を見ていると、スットコランドと口に出したい衝動に駆られるのは僕だけだろうか。
とかまあそれはさておき。

気がかりだったのがその日の予報が雨だったこと。雨の日の試合は
ミスが増え、試合が大味になりがちだ。
とはいえ予報では午後6時からようやく1mm/h降る程度。大丈夫だろうとたかをくくる。


ところが当日の朝、いつものようにフットサルに行こうと外に出た僕は凍りついた。
既に雨。しかも結構な量。

現実を受け入れられない僕は、もう一度玄関を出るところからやり直してみたが、
やっぱり雨だった。
この調子だとキックオフの頃には土砂降りになってしまうのだろうか。
思わず呆然とする。


幸いなことに試合時間になっても雨は小振りのままだった。ホッとする。
が、僕は何と遅刻。

会場へ向かうシャトルバスを降りると辺りには空気を振るわせる程の歓声が
響いていた。
それを聞くだけでも試合状況がありありと想像できる。
興奮と感動の余り、僕は思わず小学生のように全速力で駆け出してしまった。

席についたのは前半10分過ぎだった。とりあえず久保の動きを追う。
テレビで見るより代表の時の久保は積極的に裏を狙う動きを見せていた。
特に小笠原が持つとほぼ確実に走り出す。

しかしボールはほとんど出されず、仕方なくボールを貰いに下がってきては
パスを出すとそのままぼんやり歩くパターンが多かった。
久保を生で見るのは今年2度目だがやはり最近はキレがない。
何とかW杯までは調子を上げて欲しい。

個人的に今日のMVPは土肥だった。控え組がアップしているところに飛び込んできたボールに見事な反応。正GKになってくれないかなあ。
それと寒い中、スタメンで加地だけ半袖だったのが気になった。
まあきっと加地の事だ、忘れてきたか間違えたのだろう。


今日はいよいよW杯日本代表メンバーの発表。
個人的には松田が入って欲しいけど、まあ無理だろうなあ…。
サプライズに期待。





発表後
posted by shin at 03:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

雨と雷と

日曜日。今日は会社の人たちとフットサルの予定があった。
しかし天気予報はあいにくの曇りのち雨。
案の定会場に着く頃には激しい雨が降り出していた。

「さすがにこれはもうないだろう。そのまま飲みにでもいくんだろうな。」
と思いながらふと遠くのグラウンドを見やると
そこには雨の中、準備体操に勤しむ見慣れた人達。

そうだった。僕の会社の人たちはアホだった。

傘を差していても全身ずぶ濡れになるぐらいなのに、
彼らだけは雲一つ無い晴れ間の下にいるようだった。
雷も鳴り始めてるのだが、きっと気づいていないのだろう。

こうなればもうヤケだ。
更衣室に向かった僕はどうせ濡れるんだからと、長袖のジャージを着るのを止め、
半袖、半パンの格好でグラウンドへと向かう。

もちろんそんな軽装備で現れたのは僕だけだった。
しばし唖然とされた後、皆に笑われる。
どうやら一番アホなのは僕だったらしい。

雷鳴轟く中キックオフ。
そして30分ほどで終了。

さすがに危険な為、係りの人から止められてしまったのだ。
そりゃそうだわな。
posted by shin at 02:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

サッカー能力向上計画

先週の水曜、久々に会社の人とフットサルをする。

大学時代はサイドバックだった僕だが、会社の人相手に自分の守備力では
全く歯が立たないことに気付き、自然に前へ前へとポジションが移動。
今では前線で待っていてゴールを狙うだけになり、『小学生サッカーの申し子』の名を
ほしいままにしている。
(*注…フットサルでは人数が少ない為、こういう人は非常に迷惑です)

それでもゴールを決めているうちはまだいいのだが、この日はせっかくのチャンスを
潰すだけ。凹んだ僕はちょうど同じように(勿論レベルが違うが)凹んでいた会社の人
とサッカーを習いに行くことを誓ったのだった。

前フリが長くなりましたが、というわけで行ってきました。
ミズノフットサルプラザ千住大橋。
ここで毎週土曜の個人参加プログラムとして開かれているレッツジョインというやつに
参加してきたのです。

HPを見る限り、知らない人同士でチームを組んでフットサルをするだけに見えたので
躊躇したのだが、会社の奴が「絶対サッカーを教えてくれる時間がある、試合だけなら
そう書いてあるはずだ」と自信たっぷりに言うので信じてみた。

結局、試合だけ。二度とコイツの言うことは信じまいと心に誓う。

参加した人のほとんどがある程度サッカーが出来る人達だったが、ゆるい雰囲気なので
ミスしても許される(と僕は思い込んだ)。結構楽しかったのでこれからも通うかも。

サッカー能力向上計画は続く。

追記
posted by shin at 01:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

ウズベキスタン人の怒りは如何許りか

会社へ通う生活再び。
8月は代休消化と夏季休暇でほぼ全休みだったのです。
休日は朝10時に寝て、夕方6時に起きたりする無茶苦茶な生活を送っていたので、
社会復帰がつらいです。

で、今日の気になった記事

以下内容。

ウズベキスタンとバーレーンの試合でウズベキスタンがPKをゲット。
これを見事決めたのだが、ウズベキスタンの選手数人がペナルティエリアに
入っていたため、主審が反則をとる。
本来ならば蹴り直しになるはずの場面だった。

ところがこの主審、何を思ったかバーレーン側の間接FKで試合を再開する。
結局1-0でウズベキスタンが勝利したのだが、試合後ウズベキスタンが抗議。
3-0で勝ちにしろと訴えた。

この試合はワールドカップへの出場がかかるプレーオフの第1戦。
得点差は重要であり、抗議するのも無理は無い。

これに対しFIFAは誤審を認めたものの、下した判定は再試合。


再試合!!

何故再試合なのだろう。ウズベキスタンは誤審された挙句、勝ち試合まで失うという
最悪の結果になったわけだ。

しかもこの審判、実は日本人なんですよ。吉田主審。
ググってみたら過去の試合判定について非難する記事がでるわ、でるわ。
昨年のJリーグ優秀主審賞を受賞したってマジですかねえ。


というようなことを会社の人とチャットしつつ、社会復帰にいそしむのであった。




posted by shin at 02:18| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月31日

リーガエスパニョーラ開幕

ついに開幕。

が、僕の好きなバレンシアの試合は放送されず。がーん。



レアル、バルサの開幕戦の感想
posted by shin at 07:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月31日

横浜Fマリノス×バルセロナ

ロナウジーニョ.jpg

今日はマリノス×バルサを見に横浜へ。

試合は1-1の引き分け。

イニエスタのスルーパスには痺れた。
生で見てもイニエスタは白かった。
http://www.football-island.net/players3/iniesta.html ←イニエスタ

やはりロナウジーニョ人気は絶大のようで、途中出場ではあったものの
アップを始めては大歓声、ピッチに入っては大歓声、ボールにタッチしては
大歓声と会場は大盛り上がり。

個人的にはマリノスのゴールに大興奮。
松田がおとりになって、後ろから走りこんできた栗原のヘディングシュートという
綺麗な形のゴールだった。


後は久保が見れれば最高だったんだけどなあ…。

posted by shin at 01:23| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

FC東京×バイエルン

東京×バイエルン.jpg

で、今日も味の素スタジアム。

がらがら。(とはいえ23,500人ぐらい入ったらしい)

昨日のレアルは入ったほうだったんだなと考え直す。
平日だしなあ。

会場にいたのは東京サポーターがほとんどで、バイエルンへの声援はほぼ無し。
来年から来てくれるか不安。


試合は0-4でバイエルン。

バイエルンが強かったというよりは東京が酷かったと言う印象。
失点シーンはほとんどミスから。


個人的には
「ノリオー(←FC東京の選手)」
と叫ぶ女の人の声が、
「魁皇〜」
と大相撲中継で聞く声援と似ていて妙に気になった。
posted by shin at 23:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

ジュビロ×レアル

画像 011.jpg
というわけで、ジュビロ×レアルを見に味の素スタジアムへ。
ホーム側の一階自由席がガラガラ。
レアルも人気が落ちたなあと実感。

そして何故か二階の隅にジュビロの応援団。
一階行けよ。

試合は3-1でレアルの勝ち。

ロナウドがDFを弾き飛ばしてゴールする様は感涙ものでした。

posted by shin at 23:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

ファンタジーサッカー

去年からYahoo!ファンタジーサッカーを始めている。
http://soccer.yahoo.co.jp/fantasy/jleague/index.html

毎週限られた資金で選手を集め、集めた選手がその週のJリーグで活躍すれば
するほどポイントがもらえる仕組み。ポジションはFW,MF,DF,GKのみでサイド
とかは関係なし。基本的にゴ―ル、アシスト、無失点でポイント。
それ以外にもパス成功率などによってボーナスポイントが貰える。

高ポイントを稼ぎやすい選手というのは大体決まっていて去年は遠藤(G大阪)
に大変お世話になりました。今年のお気に入りは栗澤(F東京)。
これをやってると毎週のJリーグを大変熱く見れるので結構楽しい。

で、前節(17節)の結果。

GK 都築 龍太 浦和 9fp
DF 宮本 恒靖 G大阪 2fp
DF 新井場 徹 鹿島 6fp
DF 駒野 友一 広島 4fp
DF 岩政 大樹 鹿島 11fp
MF 阿部 勇樹 千葉 14fp キャプテン(キャプテンはこのポイントが2倍になる)
MF 石川 直宏 F東京 5fp
MF 森崎 和幸 広島 5fp
MF 長谷部 誠 浦和 6fp
MF 栗澤 僚一 F東京 9fp
FW アラウージョ G大阪 14fp
合計99fp

今回は宮本が誤算。一度、宮本のゴールとされたものが、アラウージョのゴールと
訂正されたのがイタイ。アラウージョも入れてるので複雑なところなんだけど。

ファンタジーサッカーは現実と違い、前期、後期に分かれていて前期はあと1節を
残すのみ。一回チーム編成途中で忘れてた節が0fpだったのがとってもイタイ。
今期の昇格は無理そう。

後期がんばろっと。
posted by shin at 03:21| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

Fマリノス×バルサ

異常にチケットが売れている。現時点で指定席は全部売れてしまったようだ。(@e+)
「たまにはロナウジーニョでも見てみるか」ぐらいの気持ちでチケットを取った
僕としては唖然。

一方こちらもチケットを取っているバイエルンを見てみるとがーらがら。
木曜(F東京)だろうが土曜(ジュビロ)だろうがお構い無しにがーらがら。
一般人はダイスラーとかバラックとか見たいと思わないのか!?(←きっと思わない)

慌ててマンU、レアルのチケットも見てみたがどちらも空席が目立っていた。
バイエルンだけが不人気なわけではないようでちょっと安心。
少し前までは日本人に一番人気といえばレアルだと思っていたが、いつの間にバルサに
替わったのだろう。
この前の3-3というスコアが効いているのか?そんな結果皆が皆見てるとは到底思えないけれど…。


久保のゴール見たいなあ…。その前に出てくれるかなあ…。
追記
posted by shin at 00:54| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。