2009年06月01日

吉祥寺をブラブラした後、荻窪から引っ越してきたmoiに行きホットコーヒーとサーモンサンドを頼んで本を読む。

今読んでいるのが長嶋有の「夕子ちゃんの近道」。

夕子ちゃんの近道.jpg

可愛らしいタイトルに買うのをためらったが、第1回大江健三郎賞受賞という事で読んでみた。そしてこれが面白い。独特の文体と軽いようで重みもある文章。久々に他の本も読もうと思わされる作品だった。(まだ半分しか読んでいないけど)

雨ということもあり客も殆どいない店で「ぐうぐう」と「ぐーぐー」はどちらが趣きがあるか(「ぐうぐう」かな)を考えながら読んでいると、「実は東京の穴場スポットを紹介する企画をやっておりまして。」と30代ぐらいの女性が店を尋ねてくる。TVともタイアップしているのですが取材はOKですか?

取材というのはこんな唐突に来るものなのかとじっと見守る。そして困る、と思う。ただでさえ十ちょいしか座席が無い小さい店なのに、TVに出て変に客が増えたら自分の席がなくなる。

「取材はOKですけど。」と店長。その後TVは断っていたように見えたがよく聞こえず分からずじまいだった。

他の客も帰り始め、ついに僕一人となってしまった店内で「すうすう」と「すーすー」なら「すーすー」の方が良い気もするなと考えながら、喫茶店開拓を再開するかと思うのだった。
posted by shin at 08:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。