2011年03月07日

東京マラソン2011

というわけで先日行われた東京マラソンで10kmを走ってきました。

P2271330.JPG

最近仕事が忙しくて練習はほとんど出来ず、最長走ったのでも2kmという有様。しかしそこは持ち前の適当さで何とかなるよとカバーし(カバー?)、当日にのぞむ。

やはり3万6000人というのは凄い数字で、朝から新宿駅から都庁前まではそこらで着替えをする人と、トイレに行列を作る人で大賑わい。荷物をスタートの40分前には預けなければいけないので、そこからは薄着で寒い思いをしながらじっと待つ。

先頭がスタートしても、一番後ろのブロックだった僕はスタート地点に辿りつくまでに20分も掛かった。スタート地点で人形のような笑顔で手を振る都知事に「石原さんありがとう!」などと声を掛けていくランナーを横目で見ながらやっとスタート。

今回は初めてということで、とにかく歩かずに完走することが目標。1kmを5分ぐらいのペースであれば気持ち良く走れるだろうと予想していたのだが、最初の1kmのタイムは6分。もう少しペースを上げようと思って走るも、2km地点でもペースは変わらない。

人が密集しているのだ。したがってスピードを上げられないのだ。

仕方がないので給水ポイントなど人が群がる隙をついて時間を少しずつ稼ぐ作戦に出る。

7km地点で少し足が重くなってきたかなと思ったがペースは落ちず、フルマラソンとコースが別れた最後の1kmだけ全速力で走り抜けゴール。息が切れることもなく結構楽勝でした。最終的には目標より2,3分遅いタイム。気持ち良く走るために設定したタイムだったはずだが、何だか悔しい。でも初めてだしこんなもんだろう。

一つ嬉しかった事。去年はボランティアでコース整理をしたのだが、仕事がほとんど無く、やったのはランナーに声援を送ったり、ハイタッチをするのがほとんどだった。これは役に立ってるのかなと思ったのだが、ランナーになってそれがどれだけ有り難いものかを知りました。

応援というのは疲れた人を励ますものと考えていたけど、疲れてなくても色んな人から声援をもらうというのはかなり嬉しい。これがランナーズハイというものか分からないけど、人見知りの僕がわざわざハイタッチしにいったくらい。思ったよりも楽勝だったのは応援の影響はあると思う。立場を変えるとみえてくるものもある。

来年はフルマラソンに挑戦したい。でも堅実派の僕としてはその前にどこかでハーフを走っておこう。
posted by shin at 00:48| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。