2008年06月30日

僕もエジプトで考えた-最終話

物事はなかなか思い通りに進まないものだ。

−−−

ルクソールの西岸は広すぎるため、自転車、ロバ、タクシーなどの移動手段を使わなければとても回りきれない。ここは自由行動とし、4人各々の手段で回ることにする。

昼には50度近くになるルクソール。まだそれほど暑くない午前中の内に行動を開始する。西岸に行くにはフェリーを使う必要があるのだが、ガイドブックによるとこっち側で自転車をレンタルして向こう岸に持って行くのが良いらしい。

フェリー乗り場まで行くとちょうど自転車が並んでいる場所があった。話しかけてきたエジプト人に自転車を借りたいことを伝え早速交渉を開始する。

しかし100エジプトポンドから始まった値段は、35までは何とか下がったのだがここからがどうしても下がらない。ガイドブックで相場は7と知っていたので必死で貧乏アピールをして頑張っては見るのだが全く下がる気配が無い。

「何処に行っても同じ値段だよ。」と言うエジプト人を無視して川を渡ってからレンタル自転車屋を探すかそれとも他のレンタル屋を探すか迷ったが、結局ここで時間を費やしていては気温が上がる一方なので、渋々その値段でOKする。

「よし自転車は俺に任せればいい。とりあえず一緒に船に乗ろう。」
ということで2人で船に乗り込む。しばらくすると彼から名前を聞かれたので、「シンだ。」と答えると周りのエジプト人と顔を見合わせて笑い出すではないか。怪訝そうな顔をしていると「『シン』と言う名前はシャイという意味があるんだ。」と教えてくれた。

エジプトでは色んな人から名前を聞かれ、答えるたびに失笑されていたのだがそのせいだったのか。しかしそんな理由でみんな笑うのか?

これ以降僕は名前を聞かれるたびに「ナカムラだ。」と答えるようになる。(もちろん僕はナカムラではない)

その他にも時計は日本とスイスのものが良いと言う話や、お前はRとLの発音が悪いという話から何度も「ライオン」の発音練習をさせられたりしてるうちに船が岸に着く。

すると急に「走るぞ!」と言い、自転車を貸してくれるはずのエジプト人がダッシュで船を下りていく。必死で追いかけながら「何で走るんだ!」と聞くと「いい自転車を確保するためだ!」と言うではないか。

何かおかしい。というかこの時点で薄々事実に気づいていた。

彼はレンタル自転車屋でもなんでもなく、ただの仲介屋なのだ。案の定レンタル自転車屋にいき、取り分の交渉が始まる。だから値段も相場より高いわけなのだ。完全にやられた。

ちなみに後で聞いたところホテルの隣にレンタル自転車屋があり、そこが一番安かったらしい。まさに灯台下暗し。

無事自転車を借りた後は点々と散らばる遺跡を見て回る。40度以上の気温の中移動して回るのは思ったよりもつらい。冷たかったはずのペットボトルの水はあっという間にお湯へと変わった。それでも無いよりはましなので出来るだけ少しづつ飲みながら先へと進む。もちろん水を売っている店はあるのだが、こういうところでは値段が高くて買うのがしゃくなのだ。

IMG_4349.JPG

水で悲惨な目にあったのがオオトモさんで、彼はガイドブックに書いてあった景色の良い道を選んだせいで、険しい道を自転車で下りれなくなり乾きに苦しんだらしい。最終的には警察に保護され助けられたそうだが、その時に真っ先に出てきた台詞は「ありがとう」でも「助かった」でもなく「水をくれ」だったそうだからどれだけ苦しんだのかがわかる。

ちなみにその時の警察の対応は「あっちで売ってるよ。」と教えてくれただけだったそうだ。

こうして一人での遺跡回りは続いたのだが、正直ここでの思い出が一番記憶に残っている。集団で行動しているとオオニシさんが旅行慣れしているのでどうしても頼ってしまい自分で判断して行動することが少なくなってしまうのだ。これは海外旅行をグループで行く際の欠点だと思う。(いや、自分の欠点か)
ただ、グループで行くと海外での食事の楽しさが段違い。色んな料理を楽しんでわいわい楽しめるし、一人では入りにくい店にもすんなり入れてしまう。

というわけで今回の旅の目的でもあった『旅行は1人と複数どちらが楽しいかを知る』については「どちらも一方では味わえない楽しさがあるからどちらとも言えない」という結論になる。
何を目的に旅行に行くのかで、どちらを選択すれば決めればいいだけなのだ。そういう意味ではエジプトはこの4人で来て良かったなと思う。


旅はこれ以降も続き、念願のロバに乗ってピラミッドを見学したり、考古学博物館でミイラを堪能したり、ハン・ハリーリの各店で値引き交渉を行いながらみやげ物を買いまわったりしてどれも楽しかったのだがキリが無いので省略。

IMG_4608.JPGIMG_4624.JPGIMG_4578.JPG

というわけで長く掛かってしまったエジプト話もこれで終了。
今年も海外に行ったらもっと簡潔に書こうと思う。少なくとも1ヶ月内には書き終えよう。物事はなかなか思い通りに進まないものだが。
posted by shin at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドバイ・エジプト旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。