2007年10月16日

めがね(映画)

本当は会社の人とその友達の会社の人達とで土日に行く予定だったバトミントン合宿。ところが僕はフットサルで足首をひねってしまい断念する羽目に。色んな人から「自業自得だ」と罵られる。まあ確かにそうだな。

痛みも無くなってきたしまあいいかと思ったが、念のため病院へ行くことにする。土曜の夕方のせいか患者は誰もいない。すぐに名前を呼ばれ診察室に入ると、患部を一目見た医者から「あー、これはひび入ってるかもね、骨。」と体言止めで脅される。

「骨ですか?」「うん、骨。」

これからの予定を考え、真っ青になる僕。ここで怪我を負うのはまずい。

しかしレントゲンを4枚も取られた結果、骨には異常なし。
そういえば前に手首を捻って見てもらったときも同じように脅されたんだった、と思い出す。

診察が終わるとガラガラだったはずの待合室が異常に混んでいた。僕が診てもらっている間に一体何があったのだ。もうすぐ診察終了時間だというのに。

IMG_3881.JPG

「しばらく安静にしなさい。」ということで退屈なので映画を見てきた。大分前置きが長くなったがこれからが本題だ。今回見てきたのは「めがね」。

最後まで登場人物の詳細は語られず、ストーリー展開もほとんど無し。何か教訓めいた話が語られるわけでもなく、何かを薦められるわけでもない。もちろんそんなことをされたらこの映画は台無しだったと思う。(最後のほうは、最後の最後でそういうことをされたらどうしようと心配でしょうがなかった)

台詞の端々から感じたいことをそれぞれが感じる。落としためがねが何を象徴していたんだろう・・・、なんてことは考えたい人が勝手に考えればいいのだ。説明が足りないし、物語の起伏も無くてつまらないと言う人も沢山いると思うのだが、僕は好きな作品だった。一足早いが今年一番かもしれない。

日の当たる人気の無い浜辺で波の音を聞きながら一人手酌で昼間にビールを飲むシーンがあったが、これ幸せすぎて死ぬな。
posted by shin at 02:24| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

Fリーグ

IMG_3861.JPG

実はFリーグ開幕戦に行ってきた。開幕戦は9/23だから2週間前。何で今更そのことを書くのかと言えば、ジュンさんから「書きなさい」と言われたからだ。昔から僕は素直な良い子です。

---------

チケットが余ってるからとジュンさんに誘われやってきたFリーグ。ここ1年ほどほぼ毎週フットサルをやっているが、プロの試合を見るのは初めてだ。

多分大半のお客さんもそうだったのだろう。どう応援したらいいものかわからず、長い間場内が静まりかえることもしばしば。選手の叫び声とフットサルシューズが床を鳴らす音だけが響く。サポーターの応援も、それお前がたった今作っただろうと問い質したくなるような適当な替え歌や、トランペットソロによる孤独なアイーダなど黎明期の匂いが漂っていた。

試合は優勝候補筆頭と目される名古屋オーシャンズに対してデウソン神戸は守備を固めてカウンター狙い。ディフェンスは取りに行ってもかわされるだけなので、プレッシャーをかけつつパスコースを防ぐだけ。守備と攻撃がハッキリしているという点ではバスケと似ている。サッカーと違いロスタイムがないので、「あと30秒!・・・あと10秒!」と時計を見ながら試合終了までハラハラするところも似ている。

個人的に気になった選手は名古屋オーシャンズの森岡薫。フィジカルを生かして強引にドリブルからシュートまで持っていく様は頼もしい。得点王候補の呼び名も高い彼は、日本人のような名前を持ちながら実はペルー人。さすがプロは日常生活でもフェイントを忘れないのだなと一人感心する。

プロのフットサルは華麗な足技のオンパレードで、点がボコボコ入るんだろうなと思っていたが、際どいコースでもキーパーが何とか弾いてしまうため、なかなか点が入らない。結果は1-1で終了。緊迫感があって面白い試合だった。

打って変わって2試合目(開幕戦はチケット1枚で2試合が見れた)のシュライカー大阪×ペスカドーラ町田は3-7という点の取り合い。得点シーンを沢山見れるのはよいのだけれど、ミスもそれなりにあったので面白さは半減。

フットサルは前後半20分ずつなので1試合の観戦はあっという間だった。これに2500円払うのはちょっと高い。試合はそれなりに面白いのだが、人気が出るにはまだまだ時間が掛かりそうだ。まずテレビ(地上波)で観戦できるようになって欲しい。Fリーグ出身のJリーガーとか出てくるまでに発展して欲しいものだ。
posted by shin at 00:24| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。