2007年09月12日

カフェフレスコ

IMG_3853.JPG

免許証の本籍地変更に必要な、住民票を取りに区役所へ。
手早く申請書を書き、のんびりと本でも読みながら住民票が出てくるのを待とうと思っていたら、ものの30秒ほどで出てきてしまった。やるな、杉並区役所。

せっかくなので阿佐ヶ谷のカフェで本を読むことにする。
新しいところを開拓しようと思っていたのだが、良さそうなところがうまく見つからず、一度だけ行ったことのあるカフェフレスコに入り、ベーグルセットを頼む。

何とも美味しいベーグルだった。
何も挟まないで一口かじると、程よく焼かれたベーグルの香りが鼻の奥まで広がる。
もちもちとした確かな食感はクリームチーズを挟むとさらに食欲をそそる仕掛け。
塩胡椒がふり掛けられた目玉焼きとカリカリのベーコンは挟まずそのまま食べてしまおう。

小さい店ではあるが、ここの店長はバリスタチャンピオンシップで好成績を収めた凄腕だそうで、カフェラテを頼むとこんなカフェアートが付いて来る。

oX^.jpg

絵が描かれたところで味が変わるわけでも無し、と言えばその通りだが、やはり実物を見ると「おおっ」と思ってしまう。肝心の味もミルクとコーヒーに一体感があり、苦味を感じさせないながらコーヒーの旨みを堪能できる。そんなコーヒーを啜りつつ、「ねじまき鳥クロニクル」を開く。

最近、村上春樹の本を読み直している。
大学時代に有名なものは一通り読んだはずなのだが、読み返してみるとほとんど内容を覚えていない。そして後半になると徐々に内容を思い出し「そうだ、こういう結末だった。」と頷く。なるほど、僕はこういう本の読み方をしていたのだな。

帰り際、60代後半の老人がふらっと入ってきて店長と談笑しながらコーヒーを注文していた。いい光景だなと思う。ああいう年の取り方をしたい。

-----
全く関係ない話。
遅くまで起きていたかいがあった。おめでとう、矢野貴章。その泥臭いゴールが見たかったんだ!
posted by shin at 05:32| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 喫茶店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

復活(というタイトルは以前使ったことを思い出した)

IMG_3529.JPG

何十万という人びとが、あるちっぽけな場所に寄り集まって、自分たちがひしめき合っている土地を醜いものにしようとどんなに骨を折ってみても、(中略)春は都会のなかでさえやっぱり春であった。

と引用しては見たものの、数年前に1度読んだきりで内容も忘れてしまったトルストイの小説は何も関係ない。

終わったのだ。

ついに仕事のピークを終え、僕が人間らしく生きる日々が再び始まったのだ。

さて何をしようか。
とりあえず手始めに髪を切ろう、と吉祥寺へ。


僕は髪を洗われるときに聞かれる、「苦しくないですか?」「お湯加減は大丈夫ですか?」「どこか痒いところはございませんか?」の質問3点セットが苦手だ。
大抵「はい」で答えるが、3回とも「はい」で答えると何か素っ気無い。素っ気無さを和らげるため温かみを含んだ「はい」にしようと努力するのだが、来るぞ来るぞと待ち構えているので緊張を含んだ声になってしまう。
一体どう答えるのが正解なんだろう。


さて髪を切って心機一転したところで今週からようやく夏休み。
さらに夏休みが終わっても、キリンジのライブ、ハナレグミのライブ、映画、飲み、フットサルと予定はそれなりにある。海外旅行にも行きたい。
妄想は膨らむ一方。財布はしぼむ一方。


アラブの石油王が道端に倒れてたら手厚く看護します。
posted by shin at 03:46| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。