2006年11月27日

スペイン旅行記最終話

スペイン旅行記の続き。
書いてる本人が途中で飽きているのだから、読むほうは推して知るべしというところだが、最終話ということでご勘弁下さい。

最後はバルセロナ。
グエル公園、サグラダファミリア、ピカソ美術館といったお決まりの観光名所を回る。
スペイン旅行 262.jpgスペイン旅行 273.jpg

スペイン旅行 283.pngスペイン旅行 291.jpg

さてスペインの食べ物と言ったらパエリア。
ぜひ食べておきたいと思っていたのだが、大抵の店は2人前からしか注文できない。
バルセロナには1人前から食べれる店があったので、前から行こうと計画していた。

大分道に迷い、着いたのは15時半ごろ。
店に入ると、いきなり「パエリアが食いたいのか?」と聞かれる。
驚きつつも「そうです。」と頷くと、「ちょっと来るのが遅いな。もうすぐ店閉まるからさっさと食べてね。」だそうだ。(ちなみに閉店は16時)

望むところだ。
最初に出されたパンと水を早々に平らげ、パエリアとの臨戦態勢を整える。

スペイン旅行 305.jpg

出来立てのパエリアはかなり熱い。
熱々おでんの早食い対決をさせられる芸人に少しシンパシーを抱いた。
でもかなり美味しかった。

5分ほどの余裕を持って食べ終える。
そのままの勢いでさっさと会計を済ませ、
「グラシアス、グラシアス!(ありがとう、ありがとう!)」と挨拶をしながら
選挙演説を終えた政治家のように颯爽と店を立ち去ったのだった。
そこは急ぐ必要は無かったのだが。

まとめ。

『海外一人旅をすることで人間として一回り大きくなれるかも』と密かに期待していたのだが、そこは全く成長しなかった。残念ながら断言できる。

ただ日本の街中で英語の案内表示が無かったりすると「これは海外から来た人は戸惑うだろうな」と思うようになった。ちょっと新しい視点を持てたということはよい収穫だったと思う。

ここにも少し書いたが、まだまだ現地の人に助けてもらった場面が幾つもある。
長い時間が掛かると思うが、その恩返しはしなければならない。
posted by shin at 04:57| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | スペイン旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

スペイン旅行記5

スペイン旅行の続きの話。
マドリードの次に向かったのはサラゴサ。ここはサッカーが目的。
バレンシアから旅立ってしまったアイマールの試合を1度見ておきたかったのだ。

サラゴサ、結構好きかも。
街中を歩いていると突然メリーゴーランドが街中に現れたり、
小さい広場でダンスパーティーが行われていて見物人がわらわらと集まっていたり、
ウェディングドレスのファッションショーが小さい店で行われていて、そこにやっぱり人がわらわらと集まっていたり。
スペイン第5の都市ということでそれなりに大きい街なのだが、ちょっと洗練しきれていない雰囲気が何だか何だか好きになった。
何だかを2回言ってみました。
スペイン旅行 163.jpg


さてサラゴサの試合。
前回試合を見たときはバタバタしていたため出来なかった、『海外のスタジアムでビールを飲みつつ観戦』をようやくここで達成する。涙が出るほどセルベッサ(スペイン語でビール)が美味いぜ。
が、周りを見渡すとビールを飲んでいる観客は少ない。
みんなが飲んでいるのはコーラやファンタ。ちょっと意外。

応援スタイルも日本と違う。
応援歌を歌い、試合中ずっと応援する人は少数派。
大抵の観客は周りの人と雑談をしながら見ているが、プレーに対するブーイングと拍手は忘れない。
日本では主にサポーター席から歓声が聞こえてくるが、ここではどこの席からも聞こえてくるので、下の階の席に座っているとまさに歓声が上から降ってくるようだ。

列車に乗っている時も思ったが、随分知り合いで固まっている席なんだなと思っているとそうではなく、すぐに話しかけて仲良くなっているスペイン人だった。
人見知りの僕はスペイン人にはなれないだろうな。

スペイン旅行 224.jpg


---------------------

突然ですが、『酒は3杯』宣言をしたいと思います。
詳しくは聞かないで。
posted by shin at 23:45| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | スペイン旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

ブログ改良中・・・

緑に白は見づらいとようやく気付いたのでデザイン変更中。
しばらくころころと変わる予定。

こういうことをやっていると自分のセンスに思わず笑ってしまう。
デザイナーってほんと凄いね。
posted by shin at 02:14| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 些細なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

女子バレー(日本×ポーランド)

ちょっとスペイン旅行の話を休んで女子バレーの話を。


バレーは結構好きで、リベロといえば永遠に津雲の僕。
一度は生で見てみたいということで代々木体育館に行ってきました。

何か長い風船みたいなのを渡されてポンポン叩くのかとワクワクしていたが、有料だった。300円。買わない。
この音がTVで聞くより結構怖い。薄暗い代々木体育館で観客が鳴らす様子はAWAYそのものでした。HOME側の人間でも、会場に入った瞬間帰ろうかと思う程の迫力。

いつもTVで見ていると、試合前のジャニーズの歌(今年はWaTだが)は会場の雰囲気から浮いているのではないかと心配していたのだが、そんなことは全く無かった。
このWaTを見るために来る人もいるのだろうなあと思っていると、
隣のユキちゃんが
「今日は楽しかった。」と既にまとめに入っている。
まだ始まってないよ。
女子バレー 005.jpg

個人的にサッカーは生で見ようがTVで見ようが、面白さの中身は違うにしても、満足度は大して変わらないと思う。
しかしバレーに関しては生で見たほうが楽しいと断言する。
選手入場、DJが音頭を取る応援、休憩の間のショウなど、上手くエンターテインメントとしてまとめられているのだ。スポーツとしては異質な存在なのではないかと思う。
もうちょっと試合の時間が短くてもいいと思うけど。

山形出身ということで高橋みゆきを応援していたが、サーブにしろ、スパイクにしろ迫力が違う。山形の誇りです。

それと掃除マン。
綺麗に隊列を保ったまま掃除をする様に感心しました。
やはり練習してるんだろうか。
女子バレー 011.jpg
posted by shin at 02:19| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。