2006年02月20日

THE有頂天ホテル

久しぶりに映画へ。見たのは「THE有頂天ホテル」。

三谷幸喜作品は「12人のやさしい日本人」「みんなの家」「竜馬の妻とその夫と愛人」
「笑の大学」「HR」などなど結構沢山見ている方だと思う。
しかしこれは面白かったなあという作品は「ラヂオの時間」「オケピ!」「王様のレストラン」と
見た数に反して結構少ない。
というわけで今回もあまり期待し過ぎないようにと自分に言い聞かせてから見に行った。

あまり前情報を仕入れないで行ったのだが、出演者の豪華さに驚く。
基本的に三谷幸喜作品に出たことがある人達なのだが、麻生久美子や寺島進まで出ているとは。
そして梶原善。久しぶりに見たが、味のある存在感はやはり欠かせないなあと思う。

ちょっと王様のレストランを思い出させる登場人物とストーリーだったが、かなり面白かった。
映画館で他の観客と笑いながら見れるというのは幸せなことだと思う。
感動する映画は一人で見ればいいが、笑いのある映画はやはり沢山の人と一緒に笑いながら
見た方が面白い。

THE有頂天ホテル.jpg

僕は映画に行って面白かったと感じたら、必ずパンフレットを買うようにしている。
面白かった映画も時間が過ぎればすぐに忘れてしまうのだが、
パンフレットを見ればその時の記憶が(全てではないが)思い出されてまた楽しむことができる。


どうも最近仕事が忙しすぎて、休日も寝て過ごしてしまいがちなのだが行きたいところは
増えていく一方。
とりあえずずっと建築中で通り過ぎる度に気になっていた安藤忠雄の建物が
表参道ヒルズだったことを最近知ったので、落ち着いた頃に見に行きたい。




posted by shin at 02:33| 東京 ☁| Comment(9) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。