2005年09月29日

テーブル

選挙の頃に探していたテーブルもだいぶ部屋に馴染んできた。

欲しかったのは焦げ茶色の小さな安いテーブル。
近くの家具屋、アンティークショップを隈なくまわるがこれが意外にない。
まず焦げ茶のテーブルが無い。あっても大きい。たいてい家族用なのでとてつもなく大きい。

大きいテーブルは小学生の時に牛乳入りの白いカレーを食べさせてくれた山川君の家を
思いださせる。あれは僕にとって衝撃だった…。

結局無印で買った。一万円。高い。
が、諦めた。疲れていたのだ。

多少の妥協はあったものの、手頃な大きさと若干低めのテーブルは結構落ち着く。
ふとこれはお香が似合うのではないかと思い立ち先日買ってきた。
お香に火を付けると広がるは仏壇の匂い。


あ、違うなと思った。

お香.jpg
posted by shin at 00:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

日本三文オペラ

開高健の「日本三文オペラ」をようやく買うことができ、先日読み終えた。

アパッチ族と呼ばれた泥棒(本人達は認めないが)集団が旧陸軍工廠から鉄などを
盗むことによって自分達の社会を築き上げていく。さらに集団としての組織力を高める
ことによって警察をも凌駕するのだが、次第に衰退、破滅していくのがこの本のあらすじ。

文体にしろ時代設定にしろちょっと古いため少し読みづらさはある。が、人間を生々しく、
ギラギラと一種の重みを持って描いていくのを読んでいくにつれ没頭していく。

久々に本を読んですげえと思った。お薦めです。




個人的メモ
posted by shin at 02:07| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

馬の骨

馬の骨の「馬の骨」を買う。
アーティスト名とタイトルが一緒だと何だか紛らわしい。

馬の骨はキリンジの堀込泰行のソロプロジェクト。キリンジ好きの僕としては
聞き逃せないアルバム、、、だったのだが。
2、3回聞いた印象としてはちょっと爽やか過ぎる。
キリンジのアルバムは何回も聞いて好きになっていくところがあるので、
もう少し聞き続けると変わってくるのかもしれないが、ちょっと期待した感じとは違うなあ…。

などと否定的な感想を書きつつも、今日(25日)新宿のタワレコでインストアイベントが
あったとの情報を見てへこむ僕でした。行きたかった…。

しかしジャケットが大分良くなったなあ。正直↓とか買うのに躊躇うものがあったけど。
(アルバム自体はお薦め)



今回の馬の骨は↓。



ジャケットが良くなったどうこうというよりも、2人の顔どアップは止めてくださいという
事の様な気がしてきた。



posted by shin at 00:21| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

ガッタ山形

諸々の事情により日帰りで山形へ。

一般の線路を走るという新幹線を超えた存在「つばさ」が山形駅に入るやいなや、
家族連れのお母さんが
「ここがヤマガタ!?これで大丈夫なの?お母さん心配しちゃうわ〜。」
と叫ぶ声が聞こえてくる。
余計なお世話だ、と憤りを感じながらも自分の変わらぬ山形への愛着心を認識し
わずかに満足感を覚えた。

沼木パークタウンをぶらぶらしていると、偶然二階から下界の様子を監視していた
ショウジに発見される。怖いよショウジ。話を聞くと今日の夜トシロウ、エリコッチ、
タクヤサンの面子で飲むのだとか。所用さえ無ければなあ。

しかし山形は家と家の間隔やら家の前の道路幅やらが広い。どうしてもこの道路幅
が幼い日の記憶と異なる気がして、何回も道路拡張工事の跡が無いか探してしまった。
いつの間にか東京の異常にごみごみした住宅街に慣れていた自分に驚く。
あー、田舎っていいねえ。

山形.jpg

posted by shin at 02:11| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

ひなぎく

最近、荻窪の喫茶店を探索中。

休日は近所のバッティングセンターに行った後、喫茶店で本を読みながらだらだらするなどして
のんびりと過ごすのが僕の理想だ。
しかし良い喫茶店に荻窪に来て半年経った今も巡りあっていない。
そこでネットや本で調べて、のんびり出来そうな喫茶店の候補を3つ程見つけた。

今日はそのうちの一つ「ひなぎく」に行ってきた。
場所は線路沿いの通りの丁度店並みが途切れた辺り。
細い階段を上り木製のドアを開けるとこじんまりとした店がある。
木製のテーブルと椅子にやや暗めの照明が落ち着いた雰囲気。
奥には小さいギャラリースペースがあり、いつも何かしらの展示会をしている様だ。
れんず豆のホットサンドと珈琲(しかも念願の水出し珈琲)を頼んだがどちらも美味しかった。

難点を言うと
・広くは無いので喫煙者がいるとタバコの煙がきつい
・場所によっては背もたれがないので疲れる
といった所だろうか。
それでも結構満足。

ひなぎく.jpg

余談:
銀だこの外国人店員の台詞が、
「オイシクメシアガリマス…クダサイ」
になっていた。頑張れ、あと一歩。





posted by shin at 00:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 喫茶店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

サッカー能力向上計画

先週の水曜、久々に会社の人とフットサルをする。

大学時代はサイドバックだった僕だが、会社の人相手に自分の守備力では
全く歯が立たないことに気付き、自然に前へ前へとポジションが移動。
今では前線で待っていてゴールを狙うだけになり、『小学生サッカーの申し子』の名を
ほしいままにしている。
(*注…フットサルでは人数が少ない為、こういう人は非常に迷惑です)

それでもゴールを決めているうちはまだいいのだが、この日はせっかくのチャンスを
潰すだけ。凹んだ僕はちょうど同じように(勿論レベルが違うが)凹んでいた会社の人
とサッカーを習いに行くことを誓ったのだった。

前フリが長くなりましたが、というわけで行ってきました。
ミズノフットサルプラザ千住大橋。
ここで毎週土曜の個人参加プログラムとして開かれているレッツジョインというやつに
参加してきたのです。

HPを見る限り、知らない人同士でチームを組んでフットサルをするだけに見えたので
躊躇したのだが、会社の奴が「絶対サッカーを教えてくれる時間がある、試合だけなら
そう書いてあるはずだ」と自信たっぷりに言うので信じてみた。

結局、試合だけ。二度とコイツの言うことは信じまいと心に誓う。

参加した人のほとんどがある程度サッカーが出来る人達だったが、ゆるい雰囲気なので
ミスしても許される(と僕は思い込んだ)。結構楽しかったのでこれからも通うかも。

サッカー能力向上計画は続く。

追記
posted by shin at 01:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

リンク

リンク貼ってみました。
「何で俺のとこへのリンクが勝手に貼られてんだよ!」
とお怒りの方がいましたら
諦めて下さい。
posted by shin at 00:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

選挙前夜

今日は手頃なテーブルを探しに、チャリで西荻窪から阿佐ヶ谷までうろうろする。

だが、いいものが見つからず諦めて帰ろうとしていると、阿佐ヶ谷駅前に多数の警察官。
どうやら石原伸晃が最後の演説をしに来るらしい。あと30分程で始まるらしいので、
近くの本屋で時間を潰して聞いてみることにする。

時間になり司会役が進行を始め、都議会議員や様々な会の代表が演説を始める。
だが主役がなかなか到着しない。

少し飽きてきた頃に、司会から「たった今、到着しました!!」との声が。
ざわめきと共に、観衆が何処にいるのかきょろきょろと辺りを見回しだす。


そこに石原伸晃を乗せた選挙カーが「太陽にほえろ」のテーマを流しながら
颯爽と登場!!
車から半身を乗り出して、コブシをぐいぐいと突き上げる石原伸晃!!



僕の文章が稚拙な為どれだけ伝わるか分からないが、
明らかにおかしかったということを付言しておく。
拍手がまばらだった事から察するに、観衆も半数近くがひいた、もしくは苦笑だった
のではないかと推測される。

この後石原都知事も応援に駆けつけたのだが、
同じように登場してくれたら良かったのにと思わずにはいられなかった。


明日が選挙。比例区どうしようかなあ…。




posted by shin at 01:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

ウズベキスタン人の怒りは如何許りか

会社へ通う生活再び。
8月は代休消化と夏季休暇でほぼ全休みだったのです。
休日は朝10時に寝て、夕方6時に起きたりする無茶苦茶な生活を送っていたので、
社会復帰がつらいです。

で、今日の気になった記事

以下内容。

ウズベキスタンとバーレーンの試合でウズベキスタンがPKをゲット。
これを見事決めたのだが、ウズベキスタンの選手数人がペナルティエリアに
入っていたため、主審が反則をとる。
本来ならば蹴り直しになるはずの場面だった。

ところがこの主審、何を思ったかバーレーン側の間接FKで試合を再開する。
結局1-0でウズベキスタンが勝利したのだが、試合後ウズベキスタンが抗議。
3-0で勝ちにしろと訴えた。

この試合はワールドカップへの出場がかかるプレーオフの第1戦。
得点差は重要であり、抗議するのも無理は無い。

これに対しFIFAは誤審を認めたものの、下した判定は再試合。


再試合!!

何故再試合なのだろう。ウズベキスタンは誤審された挙句、勝ち試合まで失うという
最悪の結果になったわけだ。

しかもこの審判、実は日本人なんですよ。吉田主審。
ググってみたら過去の試合判定について非難する記事がでるわ、でるわ。
昨年のJリーグ優秀主審賞を受賞したってマジですかねえ。


というようなことを会社の人とチャットしつつ、社会復帰にいそしむのであった。




posted by shin at 02:18| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。