2011年03月20日

ようやく

無事に子供が生まれました。

陣痛があったとの知らせが来たのが11日の13時ごろ。そして地震。
連絡をとって無事なのは分かったが、長野に向かいたくても交通手段がない。オオトモさんが「会社から帰れたら1万円で行ってあげるよ」と言ってくれたので、値段の部分は聞き流しつつ(それを聞いたオオニシさんが「じゃあ俺は7千円」と言うのも聞き流しつつ)会社で電車が動き出すのを待つ。

夜中に地下鉄は動き出したが、陣痛が遠のきつつあるという報告と、道路の混雑を考えその日に移動するのは断念。高速バスと新幹線を検討した結果、土曜の夕方にようやく動き出した新幹線に飛び乗り長野へ。

ところがなかなか産まれない。土曜の夜に入院したものの、日曜になってもまだ産まれず。うちの奥さんは緊張しているようだし、長引く陣痛で体力も減ってきている。何とか早く産まれてくれないものかと思うものの、自分に出来るのは付き添って擦ってやる事だけ。

日曜も過ぎて月曜になり、陣痛が来た時だけ起きて後はウトウトしていると、朝3時半頃に妻の「ナースコール押して!」という声で慌てて寝ぼけながらボタンを押す。「おもいっきり破水しました!」と叫ぶ妻。その前に軽い破水があったことを踏まえての発言なのだが、面白いこと言ってるな、今年一番の発言だなと鈍い頭で考える。

そのあとは順調に陣痛が進み、2時間後に分娩室へ。あとは医者に任せる。この病院は里帰り出産の人は立会いが認められていないのだ。

向こうの両親から寝るように勧められ、20分ぐらい寝たところで子供の大きな泣き声で目が覚める。さすがにうちの子にしては早いよなと思ったが、とりあえず起きて待ち構えていると「おめでとうございます」との事。

お義母さんは「娘を母親にしてくれてありがとう」と号泣。お義父さんはふらっといなくなったが、向こうから写メを取る音が聞こえてくるので、使い方を練習しているらしい。

僕はとりあえずホッとしてぼんやり。改めて考えてみたが自分が父親になったという実感はまだない。これは子育てをしていくうちに湧いてくるのだろう。

今は誰もいないので、と本当は入ることの出来ない分娩室にいれてもらい、ぐったりしているうちの奥さんと物凄い勢いで何かをチュバチュバ吸っているわが娘と対面。しっかり抱っこさせてもらいました。

産まれたばかりの子供は皆同じような顔だし、容姿的には全然良くないんだけど、やっぱり可愛いんだよなあ。写真を取りまくりました。

今回の地震と結び付けて考える気は全くない。長野で生まれたうちの娘も被災地で生まれた子供達も災害とは無関係に健康に育ってくれればそれで良いと思う。

無題.JPG

写真を撮ろうとすると顔を隠す娘。わが娘は早くもプライバシー権に関して一家言持っているようだ。
posted by shin at 00:35| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

東京マラソン2011

というわけで先日行われた東京マラソンで10kmを走ってきました。

P2271330.JPG

最近仕事が忙しくて練習はほとんど出来ず、最長走ったのでも2kmという有様。しかしそこは持ち前の適当さで何とかなるよとカバーし(カバー?)、当日にのぞむ。

やはり3万6000人というのは凄い数字で、朝から新宿駅から都庁前まではそこらで着替えをする人と、トイレに行列を作る人で大賑わい。荷物をスタートの40分前には預けなければいけないので、そこからは薄着で寒い思いをしながらじっと待つ。

先頭がスタートしても、一番後ろのブロックだった僕はスタート地点に辿りつくまでに20分も掛かった。スタート地点で人形のような笑顔で手を振る都知事に「石原さんありがとう!」などと声を掛けていくランナーを横目で見ながらやっとスタート。

今回は初めてということで、とにかく歩かずに完走することが目標。1kmを5分ぐらいのペースであれば気持ち良く走れるだろうと予想していたのだが、最初の1kmのタイムは6分。もう少しペースを上げようと思って走るも、2km地点でもペースは変わらない。

人が密集しているのだ。したがってスピードを上げられないのだ。

仕方がないので給水ポイントなど人が群がる隙をついて時間を少しずつ稼ぐ作戦に出る。

7km地点で少し足が重くなってきたかなと思ったがペースは落ちず、フルマラソンとコースが別れた最後の1kmだけ全速力で走り抜けゴール。息が切れることもなく結構楽勝でした。最終的には目標より2,3分遅いタイム。気持ち良く走るために設定したタイムだったはずだが、何だか悔しい。でも初めてだしこんなもんだろう。

一つ嬉しかった事。去年はボランティアでコース整理をしたのだが、仕事がほとんど無く、やったのはランナーに声援を送ったり、ハイタッチをするのがほとんどだった。これは役に立ってるのかなと思ったのだが、ランナーになってそれがどれだけ有り難いものかを知りました。

応援というのは疲れた人を励ますものと考えていたけど、疲れてなくても色んな人から声援をもらうというのはかなり嬉しい。これがランナーズハイというものか分からないけど、人見知りの僕がわざわざハイタッチしにいったくらい。思ったよりも楽勝だったのは応援の影響はあると思う。立場を変えるとみえてくるものもある。

来年はフルマラソンに挑戦したい。でも堅実派の僕としてはその前にどこかでハーフを走っておこう。
posted by shin at 00:48| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

走る前の準備(後編)

平日に昼食を食べて会社に戻る途中、何か前から見覚えがある外国人が歩いてくるなと思ったらザッケローニ監督だった。
僕もついに日本代表に選ばれるのかと思ったが、彼は悠然と六本木ヒルズ方面に立ち去っていった。

---
前回の続き。

最近靴はネットで検討し、気に入ったものは店で試着して、良さそうだったら再度ネットで安く買うのがスタイル。というわけで早速ナイキのルナグライド+2とリーボックのZIGPULSEを店で試着してみる。

…んー、何だかしっくりこない。そういえばフットサルシューズもナイキは合わないんだった。

そこで実際見たらデザインがしっくりこなかったニューバランスのMR92も試してみる。
カラーはイエローがなかったのでブルーを試着。

…これだ!履き心地も良いし、見た目も履いてみるとやっぱり良い気がしてくる。
というわけで家に帰って早速ネットで注文。

1件目→メーカーに問い合わせても在庫がありませんでしたので注文をキャンセルします。
2件目→メーカーに問い合わせても在庫がありませんでしたので注文をキャンセルします。
3件目→メーカーに問い合わせても在庫がありませんでしたので注文をキャンセルします。

ネット通販の店が在庫を持ちたがらないのは良く分かった。


在庫があるように書いてあってもメーカーが製造しなくなったものは信用できないようだ。
数日間世の中への不満を唱えた後、気を取り直して履き心地の良かったニューバランスで別の靴を探す。
で、見つけたのがMR70。
MR70_A_U.jpg
MR70_BK_U.jpg
イエローが実際見るとパッとしないので下のカラーと迷ったが、初志貫徹。

あとは上着だけ買ってとりあえず走る準備が出来ました。大満足。

PC051300.JPG

これで後は走るだけ。



はよ走れ!
posted by shin at 01:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

走る前の準備(前編)

一昨年は断念した東京マラソン(10km)。
去年はランナー申し込みを忘れ、うちの奥さんに誘われボランティアで参加。コース整理を担当するも、最初にコーンを立てた後は、ほとんど雨の中合羽を着て応援するだけ。やはり自分が走りたいとの思いを強くする。

そして今年。見事10kmに当選。

・・・何でこんなに東京マラソンには当選するんだろう。10kmの倍率は10倍以上なのだが。

疑問は残るものの嬉しい限りなので、形から入る僕はさっそくシューズ選びに取り掛かる。
ネットで探していると、初心者はこういう靴を選ぶべきと色々目にしたが全て無視。
見た目が気に入ればそれで良しだ。

マラソンシューズは普段履かないのでちょっと派手な色がいい。
でもマラソンシューズにありがちなメッシュが目立つ外観は好きではない。

という条件で最初に目をつけたのが、ニューバランスのMR92。
mr92.jpg

だが、実際店頭で見ると少し自分のイメージと違う。

そこでナイキのルナグライド+2と
ナイキ ルナグライド+2.jpg
リーボックのZIGPULSEを検討してみる。
reebzigpulse.jpg

気づくとカラーは黄色に決定している。いつの間に、と一人驚く。
posted by shin at 23:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

シエナ・ウインド・オーケストラ

長きに渡った休暇も終わり、ボチボチと仕事を開始中。
休み中はコツコツと小さい非日常を積み重ねたので、少しづつ書いてみる。

PA091215.JPG

---

というわけでシエナ・ウインド・オーケストラを聞きに行った話。
客として吹奏楽のコンサートに行くのはかなり久しぶり。10何年ぶりぐらいだろうか。
最近はオケしか聞いてなかったので、出だしで「吹奏楽ってこんなに響きがないのか!」と驚く。
弦楽器のほうが音が全体に広がるのだろうか。

吹奏楽はクラシックとポップスの中間のような立ち位置にいるので、コンサートホールで行われる割には厳粛な雰囲気でも無く、かといってノリノリでも無く、中途半端な印象がある。その中で観客をどう満足させるかというのは、選曲、演出など何かにその楽団の意思が必要になると思う。

シエナではリコーダーだけで演奏したり、地元の合唱団と大地讃頌をやったり、観客を立たせて「マンボNo5」でステップ踏ませたりと内容盛り沢山。正直こういうのがあまり好きでない人もいると思うし、僕も年をとったのかそれ程好きではなくなったのだが、アリだよなあとは思う。

メインはローマの祭。僕が高校3年のコンクールでしっかりと失敗した曲なので、ちょっと聞くのに抵抗があった。しかし、毎日のように聞いていた高3時代を思い返したからか、佐渡裕らしい途中から最後まで加速しっぱなしのフィナーレの勢いにのせられたのか分からないが、うっかり感動してしまった。

アンコールでは会場に楽器を持参してきた人が全員ステージに上がって、「星条旗よ永遠なれ」を一緒に演奏。どうやら恒例行事らしい。楽器持ってくれば吹いたのだが。

ああ佐渡裕はやっぱり飛んで指揮するんだなあ、と確認も出来て楽しめたコンサートだった。
posted by shin at 02:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

大人のためのサッカー教室

PA091196.JPG

たまにはサッカーもしたいな、ということで「大人のためのサッカー教室」に参加。

3,4年前に1度参加したことがあったが、場所が遠い、値段が少し高め、練習はフットサルコートなので、フットサルをするのと大して変わらないということで足が遠のいていた。

ただここは練習に2回参加すれば週末に行われるフルコートの試合に参加できるようになるのだ。久々に広いピッチでボールを蹴ってみたい。

というわけで久しぶりに練習に行ってみたところ、周りは初心者ばかり。4色のビブスを使ってのパス交換や、コーンをドリブルしながら奥の人があげているビブスの色を叫ぶなどの練習を行う。で最後にちょっとだけ試合形式のゲーム。

練習中に「インサイドキック丁寧に蹴れてるね。前にやってたの?」と聞かれる。A.S.Shibuyaで練習したからだろうなと思ったが、そう説明するのはめんどくさかったので

「他のフットサル教室に行ったことがあるので。」と返す。これは嘘ではない。

「それと2年前ぐらいから毎週フットサルをやり始めたんです。」うん、それは嘘だ。

よくよく考えてみるとフットサルをほぼ毎週やるようになってからもう5年ぐらい経っているのだ。しかし何故か気持ちは常に2年目なので、「どのぐらいやっているの?」と聞かれるとつい「2年目ぐらいです。」と答えてしまう。

6年も経つんだからもう少し上手くなっても良い気がするが、僕は大器晩成型なのだろう。

練習終了後はコーチが一人一人評価してくれ、
・ボールと一体になって動けている。 ←これは意外だった。
・膝を柔らかく使えている。 ←これも意外だった。
・インサイドも蹴れている。もう少しボールの中心を意識すればパスの種類を使い分けられる。
・試合をこなせばもっと上手くなると思う。
と昔参加した時と比べて随分褒められる。

周りが初心者ばかりだからだよな、と謙虚な気持ちになる訳も無く有頂天となる俺。その勢いで週末の試合にさっそく参加してきたのだが、これはまた後日。
posted by shin at 01:20| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

開拓

休み中しか出来ない事をしようというわけで、近所開拓をしています。


杉並公会堂で日本フィルが無料公開リハーサルをしていたので行ってみる。
平日の昼過ぎということで参加しているのはご年配の方ばかり。

指揮者はアレクサンドル・ラザレフ。経歴を見るとなかなか立派な指揮者らしい。
でもリハーサルなので私服。ただのおっさんにしか見えない。(失礼すぎる話だが)
衣装はやっぱり大事なのかねえと思う。

曲はプロコフィエフの交響曲第5番。全く聞いた事が無かったが意外に楽しめた。公開リハということでサービスもあったのか、練習は各楽章ごとに1回通してくれて、その後に部分練習するスタイル。部分練習は指揮者が何やら英語で説明して1回吹いておしまい。繰り返しはしない。

もちろんマイクなどで喋る訳も無いので指揮者の声があまり聞き取れず、「なるほど、公開リハは前で聞くものなのか!」と思ったがもう遅い。どうせ聞き取れてもほとんど意味わかんないし。

一度団員と「あんた(←指揮者)前はそこスタッカートって言ったじゃん!」「ごめん。やっぱテヌートで。」というやり取りをしていたが、会話してたのはそのぐらい。どのぐらい団員に意図が伝わってるものなんだろう、とあちこちで団員同士がひそひそ話しているのを見ながら思う。でもプロだしね。

聞けば次の日が本番との事。ほとんど出来ている状態なのでこんな練習なのだろう。もう少し固まってない状態での練習が見たかったなあと思う。

しかし杉並公会堂って思ってたより小さいな。
posted by shin at 01:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

長い夏休み

IMG_3120_.jpg

W杯Yearということも関係したのかここ最近では一番の忙しさを見せた仕事も無事終了。
というわけで9月はまるまる夏休み。

いつもであれば真っ先に海外旅行を考えるのだが、あいにく奥さんが体調を崩して自宅療養中。
さすがにそんな中海外に出掛けるわけにはいけないので断念。

会社の人からは「かつて無い円高なので行かせてと奥さんに頼みなさい。」と言われたが、僕はそんな人でなしではない。だからチラリとも海外に未練など見せないのだ。

うん。



ないよ。






ないない。


---


しかし、海外旅行に行かないと決まると何をしていいのか分からない。
いつも休みとなると午前中丸々睡眠に割り当ててしまう僕がこの1ヶ月を無駄に過ごすことは想像に難くない。

そこで、
・映画を1本
・サッカーの試合を1本
・サッカー関連本を読み
・プログラム関連本を嫌々読む
・トランペットを吹く
・ギターをかき鳴らす
・近所の公園で夜中にボールを蹴る
と1日のノルマを決め生活してみることにした。


・・・というわけで数日経ったわけですが、いやー、こりゃ休んだ気になりませんな。休み終盤に社会復帰に向けてする事だということに気がつきました。
というわけでもう少し休みにしかできないことがないか考慮中。

こうしている間に休みが終わりそうだな。
posted by shin at 00:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

ノルマ

僕は1年に50本映画を見ることを目標としている。
別に50本見たからといって何か得るものがあるわけではない。
しかし見た映画をリスト化しておいて、後でそれを見ながら内容を思い返したり、本数を数えてたくさん映画を見たことにひとり満足するのは僕の密かな楽しみなのである。

今年見た本数は現在41本。ペースとしてはやや遅い。
というわけで現在ラストスパート中。
「リミッツオブコントロール」
「扉をたたく人」
「パンドラの匣」
と映画館で立て続けに見たが、後の2作はお勧め。
特に「パンドラの匣」の太宰治の文章そのままの台詞はたまらない。「やっとるか」「やっとるよ」→「頑張れよ」「よーし来た」のやり取りは映画を見た人なら必ずやりたくなるはずだ。俺はやった。

PA091226.JPG

写真は本文とは全く関係ない名古屋城。名古屋城って外面だけで、中はエレベーターがあるわ、最上階には記念メダル製造機があるわの何でもあり状態なのね。無いのは趣だけだ。
posted by shin at 02:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

女子中学生

自転車を漕いでいると、向こうから来る女子中学生の集団とすれ違う。

「河童と言えば昨日の夜さあ・・・」

どうやって河童の話になったのかも謎だが、それをさらに展開する女子中学生のバイタリティに驚く。昨日の夜、一体何があったんだろうか。

ハンドルをきりたい気持ちを大人としての面目上こらえ、ペダルを漕ぎ続けるのだった。
posted by shin at 02:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。